スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国子女 更にその後

3月に新木場送りになった500形ですが、ついに修繕を終えて中野の車両基地へと二度目の帰路に就きました。
今回もまた目撃情報からのスクランブルだったわけですが、翌日は朝から予定があったのでどうしよう…と悩んだ末にヤケクソ特攻。行かずに後悔より行って後悔、せっかくこれまでの2度の陸送も見ることが出来ていたので、やはり最後も見届けることに。
IMG_0276.jpg
未明、新木場CRから顔を出した500形。
あれほどまでに薄汚れていた車体は光を弾くほどに綺麗になっており、少し前まで落書きされていただなんて言われても信じられないくらいでした。


道路に出た500形は、以前中野から行われた陸送の経路を戻ってゆきます。
IMG_0340_20170826225750658.jpg IMG_0349.jpg
丁寧に養生はなされていたものの、特徴的な鍵穴型のライトケースやサインウェーブが見てとれ、それが紛れもなく500形であるということを物語っていました。完全な姿はお披露目の日までお楽しみに、ということですね……。


無事に中野に到着した500形、クレーンによって久方ぶりに線路に戻ることが出来たようです。今度この車両の話題を聞くのは報道公開の時なのでしょうが、間近でまた会える日を楽しみにしつつ、このプロジェクトが成功するよう陰ながら応援したいと思います。

スポンサーサイト

1765

バックに積乱雲がブワァーーー!!なってるようなのを期待したものの……
IMG_7650.jpg
なかなかそう簡単にはいきませんね。なんだか秋みたいな。
白地が多くなった分ちょっと目立たなくなったかなとは思いますが、それでも青に赤はよく映えます。

札幌と音威子府と山線と (1/3)

2011年から毎年欠かさず渡道するようになって早7年目。今年もなんとか時間が取れ、冬の札幌を楽しんでくることが出来ました。
思い返すとろくに書き遺したことが無かったようなので、暑い時期ですし納涼ついでに今更ながら綴っていこうと思います。



1月末。
6時過ぎの飛行機に乗るべく羽田空港へ。朝早いですし寝坊が心配でしたが杞憂に終わり、無事にチェックイン。こういう時は絶対寝坊しない辺りがなんかもう 我ながら現金というか
IMG_2983.jpg IMG_2987_20170806212016e35.jpg
朝焼け眩しい雲量0の東京を発ち、降り立った千歳は白銀の世界。
見渡す限りの雪景色もそうなんですが、個人的にここのロイズチョコの広告を見ると「あー北海道来たなー」って感じがします。


雪原を突き進む快速エアポートに揺られ、前方から流れてくる甲高い警笛の音をぼんやり聞き流しているうちに札幌到着。
IMG_2994.jpg IMG_2995.jpg
市内もぼた雪が降り続いており、ビルの上の方が見えないくらいでした。
除雪されてボコボコになった道は内地の人間にはつらいものがありますが、地下歩道が出来てだいぶ楽になりましたね。と、言いながら地上を歩く様


一路すすきのまで歩き、毎年欠かさず撮影している「アレ」を待ちます。
IMG_9994_20170806215237025.jpg
ここまで毎年北海道に来るようになった最大の要因、「雪ミク電車」。2009年度のさっぽろ雪まつりに合わせて登場した「雪ミク」をモチーフに、2010年度冬より登場して以来すっかり風物詩となってしまいました。
今年のは全体的に青基調で、優しいタッチのイラストとフィギュアの写真が点在する感じとなっています。しかしまぁ、雪が降りすぎでよく分かりませんね……(笑)


とりあえず今年も無事にノルマ達成し、この後も雪ミク電車を撮影するつもりで市電に乗車。しばらく揺られていると、ササラ電車とすれ違いました。全体が黄色の新しい方の車両でしたが、なるほどこの降雪じゃ朝からずっと走ってるのかも…?と、目標を雪ミク電車からササラ電車に切り替え。路線が環状化した今ならこのまま乗っていればいずれかち合うハズなので、路線図から予測して次にすれ違うであろう地点まで行くことに。
いつの間にか雪は止み、雲も流れてちょうど陽が差し始めた頃に下車。すれ違うと予測した地点より少し早めに降りたんですが、反対側の線路を見ると既に回転灯を輝かせながらササラ電車が近づいてくるのが見え、慌ててカメラを構えます。
やってきたのは先ほど見た黄一色の新型…ではなく、ゼブラ柄の旧型でした。
IMG_0001.jpg
つい先刻までの大雪が嘘のように晴れた中、軌道上に降り積もった雪をこれでもかと言うくらい巻き上げながら通過。路駐している車にもお構いなしで豪快にぶっかけていきます。
ササラ電車自体は雪が降っていれば遭遇出来る可能性もそこそこありますが、ここまで綺麗に晴れてる中を走っているのは初めて見たかも知れません。欲を言えば、もう少し落ち着いて撮影したかったところですが、贅沢は言えませんね……(苦笑)


札幌到着早々にすごいもん見れた~と興奮してしまいましたが、ここで疑問。先ほど市電乗車中にすれ違った新型ササラは何処へ?すれ違ってしまわないように血眼で見てましたし、車庫に帰ったとも考えられないし……?
考えながらせっかくの晴れ間なのでと市電を撮ること10分、先ほど見たゼブラ柄の旧型が今度は反対方向からやってきました。
IMG_0023.jpg IMG_0030.jpg
僅か10分で反対から来た、ということはどこかで折り返してきたということですね。電停の近くを歩いていると所々に渡り線があるようなので、新型の方も同じようにどこかでピストン運転していると考えるのが妥当でしょうか。渡り線を使うリスクを考えれば外線と内線で1両ずつグルグル回っているだろう…と浅はかながら考えてたんですが、狸小路の辺りはロードヒーターが稼働しているので基本的にそこを除いた区間で折り返しているのかも知れません。まぁ、結果としてA1200形との離合も撮影できたので大満足なのでした。


で。
旧型が撮れたのだから、最初に見かけた新型も撮っておきたい…と思ってしまうのが悲しい性。
IMG_0117.jpg
新型を見かけた辺りに場所を移動して待つことにしました。
ここまでの道中でもすれ違わないか必死こいてチェックしていたので、まだ走っていれば向こうからやってくるハズ…!

10分後
IMG_0149_20170806212356957.jpg
予想は見事に的中。やはりどこかで折り返し運転をしていたようで、こちらも雪を思いっきり巻き上げながらやってきました。
こういう来るかどうか分からないのを待ってていざ近づいてきた時の高揚感ってのは計り知れないものがありますよね……。


目の前を通り過ぎたササラ電車は交差点の赤信号で停止。これはもう一枚撮れるかな?と小走りで追いかけると、なんと向こうからは先ほどのゼブラ柄のササラが!!
IMG_0178.jpg
なんとなんと、目の前の本線上で2台のササラ電車が並びました。なかなか見られないであろう光景に、息を上げながら思わず変な声を出してしまいそうに。
ちなみに左の新型はこの時点で折り返し準備が整っており、ゼブラ柄の通過後すぐ渡り線を使って続行。2台仲良く車庫へと入っていきました。
雪も落ち着いてきたので、ササラ電車もまた次の稼働まで一休み。冬の札幌で活躍する黄色い市電たちの姿を、初日からじっくりと堪能できたのでした。


この後は車庫に入ったササラが庫内を除雪する様子をボーっと眺めながら、元々の目的であった雪ミク電車の撮影に復帰。
IMG_0395_20170806212359e18.jpg
記録もそこそこに、ちょっと早めにホテルへチェックインしました。


つづきます。

両国酒場2017夏

毎度おなじみ(?)両国駅3番ホームより。
前回来た時は千葉のいろんな地酒がメインでしたが、今回は……
IMG_9407.jpg
冷凍ギョーザ!?


IMG_9416.jpg IMG_9409.jpg
というワケで、味の素の冷凍ギョーザ45周年を記念して敢行された「ギョーザステーション」。列車の来ない3番ホームにはカセットコンロと調味料の乗ったテーブルが所狭しと並べられ、辺りにはいい匂いが立ち込めていました。


IMG_9410.jpg
ぶっちゃけ出てくるの冷凍食品でしかも自分で調理するのってどうなの……?と、列に並んでいた時の不安感も杞憂に終わり、連日大盛況と相成っていた模様。数時間待ちの日も珍しくなかったようで、これには企画した方もニンマリしていることでしょうね。
メインのギョーザも、冷凍食品とは思えない美味しさに思わず舌鼓。ビールがどんどん進む進む。水も油も使わずに簡単調理でできるギョーザのアピールにももってこいのイベントとなっており、かくいう自分もまんまと戦略にハマってしまったのでございました。


IMG_9435.jpg
とはいえ、なんやかんやで「電車が行き交うのを眺めながら飲み食いできる空間で楽しく過ごす」っていうのが一番良かった点だったのは否めません。両国駅3番ホーム、次は一体何を食べられるんでしょうか?(笑)

7分の2

富士山のお膝元、新静岡と新清水の間11kmを結ぶ静岡鉄道。昨年の春には43年ぶりの新車A3000形が導入され、一躍話題となりました。ちょっと遠いですが、比較的アプローチしやすいにも関わらず今まで行ったことがなかったということもあり、ふらっと立ち寄ってきました。

当日は朝から生憎の雨。「割とどこでも撮れる」なんて話も聞いていましたが、なるほど多くの区間で線路に沿って道路が並行しているようです。とりあえず県総合運動場駅付近にてスタンバイ。
IMG_7369.jpg
やってきたのは今年の3月から運行が始まった、2編成目の「Passion Red」。カラーモチーフはいちごだそうな。
やはり43年ぶりともなると力の入れようもものすごいらしく、運行予定などもわざわざ公式サイトにて随時掲載されているほどで、いちいち待ってなくてもいつ来るのか分かるのはありがたい限りです。ただ、その運行予定によればこの第2編成はこの後入庫してしまう様子。着いたのもギリギリになってしまったので、危ないところでした。


IMG_7381.jpg
こちらは富士山をイメージした記念すべき1編成目の「Clear Blue」。やっぱり一番最初に出てきたのでこれのカラーリングが一番合ってる気がしますね。
どうでもいいですが、前面の行先表示は日本語と英語の交互表記のようです。走行中もちょこちょこ変わるので、撮影時にどっちが表示されているかは運といったところでしょうか。


IMG_7394.jpg
長きに渡って静鉄の主力を務めた1000形もまだまだ健在。
多くの編成はラッピングが施されていますが、オリジナル塗装?のも見ることができました。


IMG_7424.jpg
新清水から折り返してきたA3000形第1編成。可愛らしい顔をドアップで~と思いながら撮ったんですが、写真見返したらヘッドライト周辺の結構な厳つさにびっくりしてしまいました。猫目というか、深海生物というか……2両でトコトコ走ってるのを遠巻きで見るのとこれとじゃ結構イメージ変わりますね。


2色とも拝めたし天気も回復の兆し無いしでそろそろ撤収しようかな?と思ってた矢先、さっき電車が通過したばかりなのに踏切の警報機が鳴動。不審に思っていると、運行を終えて入庫したはずの第2編成がやってきました。
IMG_7429.jpg
表示を見るとトレーニングトレイン。どうやら教習車のようです。
お昼前早々に運用終了していたのはこのためだったんですね。


IMG_7444.jpg
結局新清水折り返しまで待ってしまいました。でも日本語表示もタイミングバッチリだったので良かったです。


初めての訪問で珍しいモノも見られてそこそこ満足しちゃいましたが、まだあと5色のA3000がこれから増える予定。それぞれのカラーリングに名前や由来もあってしっかりしてますし、ぜひ全色見てみたいところです。

今度はまた晴れた日に訪れたいですね。
プロフィール

電柱

Author:電柱
悪いことしない程度にやりたい放題しながら、愛知の端っこで細々と暮らしてます。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
つぶやき
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。