FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレハブと歩むレール輸送

10月末から11月の頭にかけて、JR東日本のロングレール輸送用気動車キヤE195系が日本車輌から出場。2日に分けて西浜松まで輸送されたのち、西浜松からは編成を組んで宮城県は小牛田まで遥々輸送されました。
IMG_2532.jpg
初日の8両分の輸送は牽引機の後ろに中間車がきていたので、なんだかこういう貨車を引っ張ってる貨物列車のような。

最後尾の先頭車には、試運転の際に係員の方々が乗り込むであろうユニットハウスが積載されておりました。
IMG_2541.jpg
室外には可搬型発電機も備え付けられており、やはりこの中でデータ採取などが行われるものかと思われます。居住性は…どうなんでしょう?


ここで思い出されるのはJR東海のキヤ97系200番台が登場した際も、同じような措置が取られていたこと。
P1010005.jpg
9年前の6月、尾張一宮の側線にて夜を待つロンキヤ。まだ見慣れない車両が停まっているのが目に入り、帰り際に途中下車したのを覚えています。調べてみると2008年3月に日本車輌を出場し同年7月に運用を開始したとあるので、試運転も仕上げの段階に入っていた頃でしょうか。
蛇足ながら、今では立派な駅ビルの立っているこの場所もまだ旧駅舎が解体されて更地になっている時期で、すっきりとした背景にECCの看板がよく映えていました(苦笑

P1010058.jpg P1010079.jpg
最後尾にはやっぱりプレハブ。今回キヤE195に載っていたユニットハウスよりもシンプルな、いかにもコンテナハウスといった感じのものが2個積載されており、間にはエアコンの室外機も。連結部付近にある黄色い箱のようなものが発電機でしょうか。
しかしまぁ十ウン年前の300万画素のコンデジで必死こいて撮っていたのでドット落ちが酷いったらもう……

IMG_2655.jpg P1010061.jpg
焦点距離がまったく違うのであまり対照的ではないですが、両車の比較をば。基本的な構造は共通化されているようで、目に見えて分かる差異といえば塗装パターンくらいですが、細かいところまで目を向けるとライトがLEDになっていたり、前面上部にツノのような作業灯?が増設されていたり……JR東海で実際に使用した上での更なる改良が行われた感じですかね。寒冷地向けの車両になるので、そういった面でも何か新要素があるのかも知れません。


IMG_2604.jpg
機関車や貨車の老朽化はもとより、同じ仕様の車両が別の会社に採用されるあたり作業効率が上がった点が非常に評価されているのであろうとは邪推しますが、これまでの作業方式が使用機材ごと一気に転換されてゆくのを目の当たりにするのは時代の節目に立ち会っているようで何とも言えない不思議な気持ちになりますね。このまま全国的にロンキヤが使用される流れになってゆくのだろうか、そしてロンキヤが将来的に老朽化した時、今度はまた別の方式が取られるようになるのだろうか……そんなことを思い耽ってしまいます。

スポンサーサイト

帰国子女 更にその後

3月に新木場送りになった500形ですが、ついに修繕を終えて中野の車両基地へと二度目の帰路に就きました。
今回もまた目撃情報からのスクランブルだったわけですが、翌日は朝から予定があったのでどうしよう…と悩んだ末にヤケクソ特攻。行かずに後悔より行って後悔、せっかくこれまでの2度の陸送も見ることが出来ていたので、やはり最後も見届けることに。
IMG_0276.jpg
未明、新木場CRから顔を出した500形。
あれほどまでに薄汚れていた車体は光を弾くほどに綺麗になっており、少し前まで落書きされていただなんて言われても信じられないくらいでした。


道路に出た500形は、以前中野から行われた陸送の経路を戻ってゆきます。
IMG_0340_20170826225750658.jpg IMG_0349.jpg
丁寧に養生はなされていたものの、特徴的な鍵穴型のライトケースやサインウェーブが見てとれ、それが紛れもなく500形であるということを物語っていました。完全な姿はお披露目の日までお楽しみに、ということですね……。


無事に中野に到着した500形、クレーンによって久方ぶりに線路に戻ることが出来たようです。今度この車両の話題を聞くのは報道公開の時なのでしょうが、間近でまた会える日を楽しみにしつつ、このプロジェクトが成功するよう陰ながら応援したいと思います。

7分の2

富士山のお膝元、新静岡と新清水の間11kmを結ぶ静岡鉄道。昨年の春には43年ぶりの新車A3000形が導入され、一躍話題となりました。ちょっと遠いですが、比較的アプローチしやすいにも関わらず今まで行ったことがなかったということもあり、ふらっと立ち寄ってきました。

当日は朝から生憎の雨。「割とどこでも撮れる」なんて話も聞いていましたが、なるほど多くの区間で線路に沿って道路が並行しているようです。とりあえず県総合運動場駅付近にてスタンバイ。
IMG_7369.jpg
やってきたのは今年の3月から運行が始まった、2編成目の「Passion Red」。カラーモチーフはいちごだそうな。
やはり43年ぶりともなると力の入れようもものすごいらしく、運行予定などもわざわざ公式サイトにて随時掲載されているほどで、いちいち待ってなくてもいつ来るのか分かるのはありがたい限りです。ただ、その運行予定によればこの第2編成はこの後入庫してしまう様子。着いたのもギリギリになってしまったので、危ないところでした。


IMG_7381.jpg
こちらは富士山をイメージした記念すべき1編成目の「Clear Blue」。やっぱり一番最初に出てきたのでこれのカラーリングが一番合ってる気がしますね。
どうでもいいですが、前面の行先表示は日本語と英語の交互表記のようです。走行中もちょこちょこ変わるので、撮影時にどっちが表示されているかは運といったところでしょうか。


IMG_7394.jpg
長きに渡って静鉄の主力を務めた1000形もまだまだ健在。
多くの編成はラッピングが施されていますが、オリジナル塗装?のも見ることができました。


IMG_7424.jpg
新清水から折り返してきたA3000形第1編成。可愛らしい顔をドアップで~と思いながら撮ったんですが、写真見返したらヘッドライト周辺の結構な厳つさにびっくりしてしまいました。猫目というか、深海生物というか……2両でトコトコ走ってるのを遠巻きで見るのとこれとじゃ結構イメージ変わりますね。


2色とも拝めたし天気も回復の兆し無いしでそろそろ撤収しようかな?と思ってた矢先、さっき電車が通過したばかりなのに踏切の警報機が鳴動。不審に思っていると、運行を終えて入庫したはずの第2編成がやってきました。
IMG_7429.jpg
表示を見るとトレーニングトレイン。どうやら教習車のようです。
お昼前早々に運用終了していたのはこのためだったんですね。


IMG_7444.jpg
結局新清水折り返しまで待ってしまいました。でも日本語表示もタイミングバッチリだったので良かったです。


初めての訪問で珍しいモノも見られてそこそこ満足しちゃいましたが、まだあと5色のA3000がこれから増える予定。それぞれのカラーリングに名前や由来もあってしっかりしてますし、ぜひ全色見てみたいところです。

今度はまた晴れた日に訪れたいですね。

2017年の仙台近辺

牛タンとずんだの都市。安直マンなのでそんなイメージが先行します。
春先にちょっと立ち寄る機会があったので、いろいろ見てきました。
IMG_4499.jpg IMG_4441.jpg
主力の新鋭E721系。赤帯が0番台、ピンク帯が昨年末から運用に就き始めたばかりの1000番台。
間の500番台は空港線用ですが今回は行けずじまい…またの機会に。


IMG_4452.jpg IMG_4463.jpg
まだまだ頑張る701系・719系。
E721の増備で動向の気になる車両たち。そんな中、6連の運用も収めることが出来ました。


IMG_4480.jpg IMG_4457.jpg
貨物輸送の主役は金太郎ことEH500。2両1編成の巨大な車体はいつ見ても頼もしい限り。
しかしまぁ恐ろしいほどバカスカ走ってるんですね。当然といえば当然なのかも知れませんが、北への重要な輸送手段であることを改めて実感しました。


IMG_4510.jpg
そしてこの日の目玉、ED75によるロングレール工臨。長いチキを従え小柄な機関車がゆく。
遠方でタイミングもなかなか合わず難しい列車の貴重な走行シーンに立ち会えました。


IMG_4532.jpg
場所を変え、久方ぶりのHB-E210。
以前ここで撮影した時にはふるさともやってきてましたね。あれももう帰らぬ旅に……。


IMG_4607.jpg
こちらは2年前に開通したばかりの地下鉄東西線。
使われているのは先頭車の頭にちょこんと載ったパンタグラフが可愛らしい小柄な2000系ですが、こう見えて急勾配の激しいアップダウンを駆け抜けるタフな車両のようです。
顔に掲げた三日月は伊達だけど伊達じゃない、っていう…(?)


IMG_4618.jpg IMG_4619.jpg
東西線を撮影した国際センター駅の駐車場には、見慣れたカラーリングのバスが停まっていて驚きました。
調べたところ、どうやら東濃鉄道からやってきたようです。2年前のことらしいので、東西線開業に合わせてやってきたんでしょうかね。まさかこんなところで地元のバスに会えるとは……。


車両の交代や新路線の開業など、目まぐるしく変化を遂げている仙台地区。
次回訪れる時はどんな街になっているんでしょうか。

帰国子女 その後

先月の今頃、「中野で500形の陸送準備してる」と知人から連絡があり、ほんとに走るんかなーと半信半疑ながらも翌日は休みでしたしドライブついでに行ってみると、みんな考えてることは同じらしく大勢の同業者が門前で待機していました。
しばらく待っていると、日付の変わる頃に門から出ていく姿が確認できたので、目的地周辺まで先回り。聞くところによれば新木場まで向かうとか?
IMG_3395.jpg
IMG_3406.jpg
昨年の夏に港から陸揚げされた時は落書きだらけだった車体も随分と綺麗になっており、かなり丁寧に補修がなされたことが伺えます。行先表示なんかはそのままだったので、とりあえず外側だけって感じでしょうか。


ほとんど停車もしなかったのか、2時間弱であっという間に臨海地区へ。
IMG_3434.jpg
大勢の野次馬に見送られながら深夜の新木場CRに入庫していきました。
CRって何なんだろと思ってたらCar Renewalの略なんですね。リニューアルというとどうしても更新的な意味合いに聞こえがちですが、英単語的には再生とか生き返りみたいな意味も含まれるようで。登場時の姿に戻るってことならそっちの方が合ってるような。
12月には完全体となってお披露目されるらしいので、それまでにまた動きがあるのか気になるところです。

プロフィール

電柱

Author:電柱
悪いことしない程度にやりたい放題しながら、愛知の端っこで細々と暮らしてます。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
つぶやき
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。