海に行こうよ

IMG_5384.jpg
GWの中日だし指定取れなかったのは痛かったなぁ……と思いながら乗りこんだら意外に自由席は空いてました。


IMG_5391.jpg
街を抜けて田園地帯を飛ばし山を越えて海へ。
せわしなく変化する車窓が飽きさせてくれません。


IMG_5411.jpg
房総半島をぐるっと一周してきました。
天気も程よく、おかげさまで楽しい旅になりました。
スポンサーサイト

ふらっと福井

割とアクセスしやすい場所にあるにも関わらずなかなか食指の動かなかった福井鉄道に行ってきました。
ビルの合間をまったり走ると思えば路地裏をゆらゆらと車体揺らしながらものすごいスピードで突き抜けたり、
車と並んで橋を渡ったかと思えば山の中をトコトコ走ったり・・・見どころたっぷりの路線でした。
IMG_7862.jpg IMG_7884.jpg
IMG_7880.jpg IMG_7954.jpg
車体のオレンジが眩しい低床車は「FUKURAM」ことF1000形。昨年から運行が始まった新鋭です。
写真で見る限りではえらい目つきだなぁと思ってましたが、実際見てるとなかなか愛嬌のある顔!
しかしながらLEDは1/50という容赦の無さ……(苦笑


IMG_7746.jpg IMG_7933.jpg
1960年生まれの古豪、200形とも会うことが出来ました。
日本車輌製とのことですし、もしかしたら落成までの間に工場内でパノラマカーと過ごしていたのかも・・・?


そして福井鉄道といえば、名鉄600V区間で活躍していた車両が現役で走っていることでも有名です
IMG_7692.jpg IMG_7749.jpg
P1010091.jpg P1010086.jpg
車体の色は違えど、かつて市内線で走っていた風貌そのままのモ880!懐かしい・・・(´・ω・`)
他にモ770、モ800の姿も見ることができ、10年ほど前に岐阜で見た光景がフラッシュバックするようでした。


半日だけでもかなり楽しめた福井鉄道。
四国からやってきたドイツ電車もまだ見ていませんし、またゆっくりと来てみたいところです。

SmartBESTに会いに四国へ

行ってきました。日帰りで。
謎のこだわりにより、敢えて昨年と同じ日に四国入りです(苦笑

SmartBESTといえば近畿車輛で開発されたバッテリー車両。回生ブレーキによる発電でバッテリーに充電し、走行時にはそのバッテリーの電気を利用することが出来るとか。実車は2012年の秋頃に山陰線の辺りで本線試運転を行っていましたが、軒並み深夜帯だったようで見にも行けないまま12月には試験を終えて近畿車輛に帰郷。音沙汰の無いまま1年が経った2013年の12月、今度は四国へと旅立ちました。
IMG_4442.jpg IMG_4508.jpg
どっちみち四国でも深夜帯の試運転だろうし見られる時に行っておこう、と近畿車輛最寄りの徳庵駅へ。これが初めてのご対面となりましたが、お顔には養生ビニールもされておりちょっぴり消化不良。まぁ会えただけでも・・・と悶々とした日々を過ごしていたのですが思わぬ朗報が。
なんと試験走行の出発式の予定が組まれているようで、それによれば走行期間や運転時刻まで発表されており、しかも深夜でなく日中に行われるとのこと。降って湧いたチャンスだったので2年連続の四国入りを決意した次第です(`・ω・´)


というわけで今年1月、早朝の徳島線は石井駅。
この日のSmartBESTの試運転列車は、9時過ぎに徳島を出て3時間掛けて阿波池田まで下り、再び徳島まで折り返すというもの。石井にやってくるのは9時半頃ということで、しばしやってくる列車を見ながら待つことに。
IMG_5593.jpg IMG_5584.jpg
初めての徳島県で迎える朝。
ホームには既に学生さんやサラリーマンの姿がチラホラ。やってきた列車には既に結構な数の人が乗っておられました。この寒い中、ランドセルを背負った小学生の子は半ズボン姿・・・元気ですねぇ(´ω`)

陽が出てきたので駅の東側で撮影開始
IMG_5643_201403112320006eb.jpg IMG_5637.jpg
徳島からやってきた剣山と、徳島へ向かうキハ40。まだキハ40も走ってるんだなぁとプチ感動しましたが、聞くところによれば朝の1往復だけとか?写真の列車は穴吹駅からの復路のようです。

IMG_5663.jpg
こちらはアイランドエクスプレス四国Ⅱ
渡り板の「キハ185-26」という車両番号に見覚えがあると思ったら、なんと2年前にアンパンマントロッコと一緒に東北に向かった車両でした。まさか再会できるとは( ◜◡◝ )


さて、そろそろSmartBESTの通過時間
IMG_5675.jpg
この日だけ運転無かったらどうしようなんてネガティブ思考もよぎりましたが、ちゃんとやってきてくれました(苦笑
養生無しの自走する姿はもちろん、甲種輸送の際には無かった前面の近畿車輛ロゴも貼り出されており悲願達成です!

通過を見送ったら石井駅にUターン。
石井では特急むろとや普通列車との行き違いのため、10分ほど停車するようです。
IMG_5694.jpg IMG_5702.jpg
むろととSmartBEST、水色基調の爽やかな並び。この塗装のキハ185もかねてから見たかったですし、バックの木造跨線橋もシブイ・・・あ、ちなみにこのSmartBEST、LED表示が1/60で切れるというかなりの鬼畜仕様。なので今回走行中の写真はほとんどLEDが切れてます、チキンゆえ1/50で止める自信はまだありませんでした・・・orz

IMG_5739.jpg IMG_5738_201403131609264a9.jpg
側面。さすがバッテリー蓄電車両というべきか、床下機器も見慣れないモノがぶら下がってました。

IMG_5706.jpg
側面扉の窓には貼り紙も。車内ではたくさんの作業員さん方が作業中・・・


石井を後にして2駅先の牛島(うしのしま)駅へ移動。道が混んでおり、牛島へは先を越されてしまいました(苦笑
IMG_5816.jpg IMG_5798.jpg
先ほどは後ろからしか撮れなかったので今度は前から。牛島では普通列車を3本待つらしく、作業員さんも外へ出て一息つかれておりました。

IMG_5789.jpg
なんか緑のマリモみたいなの球体が運転室に・・・徳島のゆるキャラ「すだちくん」らしいです。こういうさりげないアピール良いですね( ◜◡◝ )ゆるい

しばらく眺めていると、徳島から阿波池田行きの普通列車が。
IMG_5843.jpg
やってきたのは1500形の7次車。1500形は基本的に新潟トランシス製なのですが、7次車である1566・1567の2両だけは近畿車輛製となっており、SmartBESTとは同郷車ということになります。そのためSmartBEST内で作業をされていた中の人たちもわらわらと外に出てきて記念写真撮られてましたw


SmartBESTがまだ停まっているうちに牛島を出発。この先の駅は停車はあってもかなり短い時間しか停まらないようなので、一気に穴吹駅の手前まで先回りします
IMG_5887.jpg
山の中腹の辺りから築堤を行く姿を収めることができました。後ろの川は吉野川ですね。

IMG_5896.jpg
この後も試運転の終点である阿波池田周辺まで向かってみたんですが、道の混み具合と時間の兼ね合いで途中棄権。阿波加茂の辺りの直線を軽快に飛ばす姿をなんとか拝んだのち、阿波池田からの折り返しを待つべく来た道を引き返しました。


さてさて先ほどの穴吹駅付近の峠道をもう少し登り、見下ろせる場所までやってきました。公園みたいな場所でしたが一応宿泊施設の敷地内らしかったので、許可をいただきにご挨拶に伺ってからスタンバイ。
IMG_5924_2014031318305969c.jpg IMG_5909.jpg
吉野川に流れ込む穴吹川を渡る1500形とキハ185系。穴吹川橋梁というガーター橋のようです。
レンガでできた円柱形の橋脚が古めかしくて良いですねー

そしてやってきたSmartBEST
IMG_5550.jpg
更に広角で山も入れて。のどかな街で最新技術の試験中・・・(´ω`)

復路は途中駅での待避も少なく追い越せなさそうだったので、唯一長時間停車する牛島駅までまったり追っかけました。
IMG_5953.jpg
再び1500形の7次車と並んだSmartBEST。ファンの姿もチラホラ見受けられますが、手前では中の人たちがまたも大はしゃぎで出迎えており、そっちの方が人数多かった気がします(苦笑

発車前に駅を出たところまで移動し、最後のお見送り。
IMG_5999.jpg
なんか悔しかったので最後だけ1/60で撮りましたが、ホントに悪あがきって感じですね(苦笑
英字切れてるし・・・(◞‸◟)


というワケでSmartBEST追っかけ記でした。
IMG_6006.jpg
試験車両という先行きの分からない車両ゆえ、今回を逃すともう会えるチャンスは無いかも知れない・・・そんな気持ちで乗り込んだ四国でしたが、帰宅した数日後に発表されたJR西日本のプレスを見てびっくり。秋口から始まる和歌山ディスティネーションキャンペーンの一環で、なんとSmartBESTがハローキティのラッピングを施された観光列車として生まれ変わるそうな。突拍子の無さ過ぎる一報にしばし驚かされっぱなしでしたが、また会える日が来ることが分かったのでその時の姿を楽しみにしつつ待ちたいと思います。和歌山は未踏の地ですしね( ◜◡◝ )



【おまけ】
_MG_5557.jpg
牛島駅に張り出されていたポスター。四国、いろいろと熱いです。

TEMU2000“普悠瑪”を追って(後編)

また間が空いてしまいましたが、前回の続きです。
IMG_1422.jpg
この日も5時半起きで台北駅。おはようございます(´ω`)
同行者の方々と合流し、撮影地へ・・・

IMG_1423.jpg IMG_1425.jpg
・・・の前に、駅前に保存されているSLを見学。後ろに繋がってる車両、なんだか琴電を彷彿とさせますね

今度こそ出発。この日は朝から車での移動です。
IMG_1427.jpg
市内で隣にやってきたバスには「風立ちぬ」ラッピングがされていました。台湾でのタイトルは「風起」なんですねw


多少トラブルはありつつも、最初の撮影地に到着。
現地では結構有名どころらしく、いろんな車両がどんどん通過していきます。
IMG_1466.jpg
前日にも何度も会えたTEMU1000。ここでも来てくれました。

IMG_1540.jpg IMG_1472.jpg
こちらはEMU700形。まるでアヒルのような造形が特徴的ですが、台湾の鉄道ファンからは「スネ夫」の愛称で親しまれているとかw
見た目は8両貫通編成ですが4両+4両の2ユニットで1編成が構成されており、最初の3ユニットが日本車輌製。つまり右の写真の703-704編成の前半分までが日本生まれということになります。残念ながら全車両が日本車両製のトップ編成には出会えませんでしたが、TEMU1000・TEMU2000だけでなくここでも日本製の車両を見ることが出来たのはラッキーだったと言わざるを得ません(`・ω・´)

IMG_1506.jpg
IMG_1496_20131016192020c48.jpg
IMG_1439.jpg
こちらは上からEMU400形、EMU500形、EMU600形。現地でいろいろ教えて頂いたものの結局忘れてしまったので、自分の復習も兼ねて分かりやすく並べてみました。ずっと手持ち撮影だったので構図はバラバラですが(苦笑
EMU400は南アフリカ製の吊り掛け車両、EMU500とEMU600は韓国製。いずれも4+4の8両編成で駆け抜けていきました。うーん、並べてみてもやっぱり似てて難しい・・・w

IMG_1548.jpg IMG_1505.jpg
続いては自強号。TEMU1000やTEMU2000でも運転されている特急列車ですね。
写真の車両は電車に見えますが、南アフリカ製のE1000形という電気機関車で韓国製の客車をプッシュプル運転している、ちょっと特殊な運転方法の形式です。特殊といってもヨーロッパとかでもこういう運転形態とっているところが多いですね。どちらにせよ日本ではなかなか見られないPP、ヨーロッパらしさも相まって謎の感心・・・

IMG_1514_20131016194005334.jpg
同じく自強号で使用されているEMU300形。見た目的に気動車かと思ったんですが、これも電車なんですね。
ちなみに通過後、最後尾で車掌さんがパッシングのサービス。全員で大きく手を振って返しましたが嬉しかったです( ◜◡◝ )

IMG_1477.jpg IMG_1519.jpg
こちらは客車列車の莒光(きょこう)号。急行列車で、自強号よりも停車駅が多いようです。
引っ張っているのはE200形という電気機関車ですが、比較的綺麗な車両もあれば富山のEF81くらいボロボロな車両も・・・


しばらく撮影ののち、ちょっと移動してとある駅へ。
IMG_1578.jpg IMG_1553_20131016212459328.jpg
この日ちょうど軍事列車が運転されており、貨車に載っていた車両を降ろす作業が行われていました。本当は走行中も撮りたかったんですが、沿線に着いた瞬間に通過していってしまい・・・(◞‸◟)
せっかくなので荷下ろし作業を見学。日本でも自衛隊の資材輸送がありますけど、こちらは(日によって変わるそうですが)トラックや救急車が主な荷となっていました。中にはフォークリフトなんかも・・・w


コンビニでお昼ごはんを調達し、再び移動開始。
IMG_1615.jpg IMG_1613.jpg
ツナ・玉子とエビのおにぎりに、海鮮巻。
ちょっと食べ過ぎかも。安くて美味しいのが悪いです(苦笑


前半は記事タイトルに反していろんな車両を撮ってたので、ここからは本来の目的であるTEMU2000を・・・
IMG_1628.jpg IMG_1635.jpg
撮影地到着後、すぐにやってきたTEMU2000。焦りましたがブレず切れずで撮影できて何より(´Д`;)
去ってゆく姿も雨を纏って神秘的な雰囲気でした。

雨天とはいえ高架下での撮影だったので雨は凌げたんですが
IMG_1663.jpg IMG_1707.jpg
時が経つにつれてどんどん強くなる雷雨。視界もかなり悪くなり、山の上の鉄塔には雷も落ち始めました。

そしてそんな中。
IMG_1643.jpg IMG_1649.jpg
豪雨を切り裂き、もう一編成のTEMU2000が現れました。4灯のライトで進路を照らしながら目の前を通過したTEMU2000はあっという間に再び雨の中へ・・・種別表示は見えませんでしたが、おそらく試運転列車とのこと。前列車が行ってから10分でこんな雰囲気の違う2枚の写真が撮れるとは思わず、降り込んでくる雨も気にしていられないほどでした。


この後もTEMU1000や莒光号がやってきたんですが、同じ場所で撮影されていた別グループの方々から「雨が強くなってきたので早めに引き上げないと高架下の道路が水没するかも知れない」との助言を頂き撤収することに。台北までの道中は至る所で冠水しており、もう少し引き上げるのが遅ければ帰宅難民になるところでした・・・。
IMG_1784_20131016230305cfc.jpg
なんとか台北に舞い戻った後は別行動をされていた方々と合流し、夕食へ。

IMG_1754.jpg IMG_1753.jpg
肉うどん的な何か。ジューシーな牛肉とあっさりとしたスープがマッチングして美味しかったです( ◜◡◝ )

IMG_1755.jpg IMG_1758.jpg
食後は現地の方のオススメでティータイムに。塩紅茶とのことでしたが・・・あれ、甘い・・・?w


で、台湾最後の夜はというと
IMG_1762.jpg IMG_1764.jpg
有志によるアニメ系ショップ巡り。果たしてこんな締め括りでいいのか・・・あ、ミクさん♡

IMG_1775.jpg IMG_1772.jpg
言語は違えど美少女の可愛さは世界共通と言わんばかりにそこかしこにこういうお店がありました。中には入口が電光掲示板で煌々と光ってるお店も・・・(苦笑

店内ではケーキを持ってうろついている方が散見され「台湾はこういうとこでも食べ歩き大丈夫なのか…?」と思っていたら、なんと最上階でミクさんのお誕生日会が!w
IMG_1770.jpg
時間的にもう終わりかけでしたが参加(?)させてもらい、コスプレイヤーさんと記念写真まで撮ってもらって良い思い出になりました、ありがとうございました(苦笑


IMG_1777_20131016230303b90.jpg IMG_1787.jpg
結局一日中雨の台湾でしたが、異国の雰囲気は十分に楽しむことが出来ました。


翌朝。
IMG_1790_20131016231350378.jpg
切符買って

IMG_1806.jpg
新幹線乗って

IMG_1815.jpg
母国へ。3泊4日の充実した初海外旅行は幕を下ろしました。

対話もろくに出来ない自分がここまで楽しむことが出来たのは、多くの方々に協力して頂けたことが一番大きかったと思います。日本と台湾、鉄道(と二次元?)を通して国境を越えた交流ができ、大変感謝しております。ありがとうございましたm(_ _)m
お目当てだったTEMU2000の甲種は残念ながら見ることが出来ず、おそらく最後まで台湾の地では見られないと思いますが、また次回向こうで元気に走るTEMU2000に会えたらな、と次回訪台への伏線を張って今回の旅行記を終わります(苦笑

TEMU2000“普悠瑪”を追って(前編)

このブログでも何度か記事にしていますが、昨年10月より豊川市の日本車輌からTEMU2000という車両が続々と搬出されています。
IMG_7140.jpg
313系と並ぶTEMU2000。
この車両は国内向けのモノではなく、海の向こうの台湾で活躍している車両ですが、何度か国内での甲種輸送を見ているうちに「連結器カバー閉じてるとこ(意訳:自走してるとこ)見てぇなぁ…」と思うように。名古屋港からは船で輸送されますし、もちろん日本では連結器カバーは開いたまま。せっかく地元で海外の車両を見られたんだから完全な姿を拝んでみたい・・・


ということで先月29日。

続きを読む

プロフィール

電柱

Author:電柱
悪いことしない程度にやりたい放題しながら、愛知の端っこで細々と暮らしてます。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
つぶやき
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR