形式E235

国鉄民営化後、いわゆる「新系列車両」と呼ばれるような形式が次々と誕生しました。首都圏の通勤型車両を中心に209系から始まったこの手の車両群は、今やJR東日本のみならず他の私鉄などにも多大なる影響を与えており、世界に誇る日本の鉄道の顔として知れ渡っているのは言うまでもありません。かつて「走ルンです」なんて呼ばれたのも今は昔。日夜研究が重ねられ、形式ごと・番台区分ごとに進化を遂げながら、今日の交通網を支えています。
IMG_6706.jpg
……なんて畏まった文章を書いたものの、知識も徳も無い自分にとっては都会を走る新しい電車というのが第一印象でして、なんてったって液晶が付いてるし、車内放送も自動音声。乗ればちょっとだけ都会人の仲間入り!みたいな田舎者特有の憧れのような存在なのであります。中学校の修学旅行で班別行動の時に209系に乗った時ですら、それはそれは落ち着かないものでした(苦笑)
E231、E233ときて、次は山手線にE235が来るのかな?と風の噂にほだされて安直な予想をしていた数年前から時は経ち、いつの間にかCGイメージ図が発表され、なんだかあっけないまま目の前に姿を現していました。
IMG_6548-1.jpg
時が経つのが早いのか、自分の成長が鈍いのか……どちらにせよ新しい時代の幕開けが近づいてきました。
いや、もう始まっちゃってるのかも知れませんね。
秋に乗れるのが楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

電柱

Author:電柱
悪いことしない程度にやりたい放題しながら、愛知の端っこで細々と暮らしてます。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
つぶやき
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR