代わりといってはなんですが

名鉄ではデキ400が終焉を迎えるのにあわせて、撮影会が催されたとのこと。前回の撮影会でもいろいろサービスがありましたし、話を聞く限りではなかなか盛り上がっていたようですね。プレスが出た時点で行けないのは目に見えてたのでダメージはそこまで無かったんですが、せっかく地元でイベントがあるのに行けないってのはやっぱりちょっぴりむず痒いものがあります。

「今から新幹線乗ったら間に合うんじゃないですか」
「やめろ。その参加費(2万5千円)は俺に効く。」
そんな会話をしながら、悔しいので別の機関車を撮りに行きました。
IMG_0218.jpg
終電を追いかけるように現れた、都営のE5000形。同じような箱型だし2両で1セットだし……はい。
車両が小型である大江戸線に合わせて作られたその車体。ホームとの隙間を見ても、小柄さが感じられます。詳しいことは分かりませんが、入場車両のお迎えに行ったんだとか。

どうでもいい昔話をさせていただきますと、実はこの機関車が名古屋駅を通過するシーンに遭遇したことがあります。登場が2005年らしいので、かれこれもう11年も前のお話。
あの時は確か学校の先生が舞台に出演する(演劇サークルかなんかに所属してたようです)っていうんでクラスの友人らと会場に向かっていたところで、名古屋駅で電車を乗り換える際にちょうど甲種輸送で牽引されていく姿を目撃したんですよね。正体不明の赤い箱はのちに都営の新型機関車だと知ることになるんですが、あれから10年以上を経てこうして目の前を悠然と走行しているのを見るのはなかなかどうして感動するものがありました。都営のイベントなんかだと展示されるみたいなので、またゆっくりじっくり観察してみたいです(´ω`)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

電柱

Author:電柱
悪いことしない程度にやりたい放題しながら、愛知の端っこで細々と暮らしてます。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
つぶやき
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR